logo.png
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

 

2003_

1号店 東林間 炎家OPEN

代表の保志は居酒屋でのアルバイト経験から、飲食業の魅力に気付き、様々な企業で経験を積みました。

しかし、人が輝ききれない環境に直面。自らの手で理想の環境を作ろうと独立を決意し、“東林間”という地で“炎家”を出店。

商店街清掃など、街と共存していくべく邁進しました。

 

2006_

3年で5店舗出店

創業から共に全力を尽くしてくれた仲間がいました。

頑張ってくれている皆にも店をもってもらおう、よりたくさんのお客様に楽しい時間を提供したい​と思い、店舗展開していく事になりました。
 

2008_

理念が出来上がる
幸せを実感できるお手伝い

中国は大連出身の社員の結婚式があり訪中。そこで気づく事がありました。それは環境整備もままならない中国の片田舎で、親族や周囲の人達との賑やかな食事に幸せを感じる経験でした。幸せとは、物質的な豊かさ以上に、大切な人との飲食それ自体であることに気付き、核家族化し孤食が増える日本でもそれを感じられるようにしたい。そこから理念が“幸せを実感できるお手伝い”になりました。

 

2009_

多業態ドミナント展開

地元に住む人たちの生活をより豊かにしたい。都心に行かなくても

完結できる状態をつくりたい。そんな想いから、居酒屋だけでなく
多様性のある業態の出店を開始しました。